在学生、教職員などが中心となって選考する「日藝賞」は、著しく日藝の名声を高め、
その業績が社会に貢献し、芸術を志す学生に夢を与える人物に贈られています。

各界に多彩な人材を輩出していることで知られる日藝。特にメディアやクリエイティブの世界には出身者が多く、仕事を介して同級生や先輩・後輩と偶然に出会うケースも多いようです。そんな事実に着目し、校友とのつながりを深めるために創設されたのが『日藝賞』。全ての日藝出身者を対象にその年に最も活躍した人物を独自に表彰することで、出身者への敬意を表すとともに、在学生への励みとしています。まだ形になっていない表現への衝動を、よりよいカタチで表現してほしい。そのためのフックになれば…。そんな「遊び心」が現れた日藝ならではの賞なのです。

第1回

三谷 幸喜

脚本家

佐藤 隆太

俳優

第2回

大石 芳野

ドキュメンタリー写真家

爆笑問題

太田光・田中裕二/タレント

第3回

宮藤 官九郎

脚本家

真田 広之

俳優

第4回

市川 團十郎

歌舞伎俳優

宮嶋 茂樹

報道カメラマン

第5回

林 真理子

作家

青山 剛昌

漫画家

第6回

松井 龍哉

ロボットデザイナー

船越 英一郎

俳優

第7回

よしもと ばなな

作家

森田 公一

作曲家

第8回

松崎 しげる

歌手

坂田 栄一郎

写真家

第9回

荒井 良二

絵本作家

中園 ミホ

脚本家

第10回

中村 獅童

俳優

池松 壮亮

俳優

第11回

三宅 由佳莉

海上自衛隊 ボーカリスト

小山 薫堂

放送作家

第12回

片渕 須直

映画監督

第13回

小野 大輔

声優

第14回

本郷 奏多

俳優

第15回

黒島 結菜

俳優